お任せ☆不織布バッグの名入れ印刷☆

不織布バッグへの名入れの依頼方法

ホーム > 不織布バッグの名入れについて > 不織布バッグへの名入れの依頼方法

不織布バッグへの名入れの依頼方法

不織布とは、通常の布地のように繊維を織り合わせず、繊維同士を絡めることで布状にした素材です。
この素材は軽くて柔らかいのに破れにくいという特徴があり、バッグなどに加工するのに適していることから、このようにして作られたバッグは不織布バッグと呼ばれています。
また、不織布バッグは、一般的な布製のバッグよりも低コストで作成できるため、企業のノベルティーなどの用途として広く活用されています。
その使い勝手の良さから、エコバッグや通勤・通学の際のサブバッグなどとして、不織布バッグを利用している方をよく見かけるのではないでしょうか。
このように、一度、顧客の手元に渡れば長く利用され、様々な場所に持ち歩いてもらえる可能性が高いことから、販促ツールとしての宣伝効果が期待できます。


実際に、不織布バッグをノベルティーとして導入したい場合には、専門のメーカーに企業名や商品名などの名入れをしたバッグの制作を依頼します。
依頼する際の手順としては、まず制作するバッグの色や形、サイズを選択します。
この際、配布したい資料や粗品などの大きさや分量に合わせて、納まりきるものを選択しましょう。
バッグの形状によって値段は変わりますが、1枚あたり数十円程度から注文できる場合が多いようです。
素地が決まったら、名入れするデザインや文字を考えます。
印刷する面積や色使い、図案の複雑さなどに応じて、バッグ本体の価格に加えて、印刷料金がかかるのが一般的です。
たくさんのロットで注文する場合には、割引が受けられることもあるので、いくつかのメーカーに相見積もりを依頼するのが良いでしょう。


自社にデザインに詳しい社員が在籍しておらず、不織布バッグに名入れするデザインに自信がない場合でも心配は要りません。
最近では、インターネット上でデザインテンプレートを公開している専門メーカーが増えてきており、デザインの経験がない方でも簡単に図案を作成することができます。
このようなサイトでは、見積もりから発注まで、全てインターネットだけで完結するようになっており、営業担当者などと対面して打ち合わせを行う必要がありません。
そのため、人件費にかかっていた分の制作コストを安価に抑えられるほか、納品までの時間を短縮することもできます。
イベントなどの開催日までに時間がなく、少しでも早く不織布バッグを用意したい場合には、インターネットでの注文に特化したメーカーに依頼してみましょう。

次の記事へ